こどもといっしょにおでかけしよう
2回目は「湯楽」(ゆーらく)に泊まりました。
ジャンル 健康増進施設・温泉・プール・スパ付き宿泊施設
住所 栃木県那須郡那須町湯本203
電話 ホテル予約センター 0287-76-3800
時間 チェックイン2時(部屋は2時半から)チェックアウト10時
駐車場 無料 
最寄インター 東北自動車道 那須インターから約15分
料金 時期、施設により異なるので、公式HPを参照してくださいね。
持込 基本的にはダメ。
売店 他館にあり。近くにコンビにあり。
節約ポイント 料金の高い土曜日ははずして行きましょう。
金曜か月曜に有休をとってずらせば、それだけでかなり違います。

日帰り入浴も人気のサンバレー那須の温泉スパ、アクアヴィーナス
(AQUA VENUS アクアビーナス)は、今回で2回目です。

はじめにりんどう湖ファミリー牧場に行って乳絞りをしたり、お馬にえさをあげたり、
ポニーに乗ったりしてあそんでから、サンバレー那須に行きました。
りんどう湖ファミリー牧場の様子はこちらからどうぞ。

前回行った時は、みゆうはプールをこわがっちゃって、がっかりでした。
でも今回は、行く前から張り切ってただけあって、みゆうも喜んでいました。
ママがのぼせたから上がろうって言ってもなかなかあがんないんだもん。(苦笑)
このくらい喜んでくれると、連れてきたかいあったなー。
紅葉を眺めながら、温水プールで遊び、ゆっくりお湯につかり、最高の気分。
でもプールはいくら温水とはいえ、さすがに寒いので、あんまり長い間は遊べませんでした。
そんなときは温泉に移動してゆっくりとあったまりましょう。

前回は、アネックス館に泊まりましたが、今回は民宿タイプの湯楽(ゆーらく)に泊まりました。
一番安かったからそこにしたんだけどね。(笑)
湯楽はトイレとお風呂がお部屋にはついていません。お部屋はそれなりですが、
2日間ともアクアビーナスを利用できますし、お食事も二食とも豪華です。
それで、この値段ならとてもお得!

本当は、湯楽に宿泊すると、前回と同じレストランでのバイキングだったのですが、
今回は違うレストランで食事をしたいと、予約の時に伝えたところ、
快く変更に応じてくださいました。
それで、今回のお食事は、中華メインのバイキングにしてもらいました。
北京ダック、エビチリ、点心、ふかひれ麺、ピータン、黒酢豚、バンバンジー。
台風の影響で、今、野菜高いのに、きゅうりとかたくさん使って、
採算合わないだろうなーって、節約ママはつい心配になっちゃいました。(苦笑)

麺も、職人さんがその場で打ってたし、お鮨もその場で握ってくれます。
かにも焼いてたけど、これはいまいちだったな。さすがのみゆうもあまり食べなかったし。
自家製杏仁豆腐に、マンゴープリン、フルーツ、アイス、ケーキ、
みゆうお気に入りの、イガグリみたいな茶葉からいれる、本格的なジャスミンティーもおいしかった。
職人さんが手づくりしている点心も、とってもおいしかった。
フルーツもめずらしいものがたくさんあって、
ランプータンっていうフルーツは初めて食べました。まあ、そんなにおいしいものでもなかったけど…
ライチとか、ざくろとか、種類も豊富で。みゆうは、ざくろがすごく気に入っていました。

何が一番おいしかった?って聞いたら、「ざくろ!」だって。(苦笑)
他にもおいしいのいっぱいあったんだよ?
みゆうもパパもママも、おなかが苦しくなるほど食べ、大満足。

夜になると、ガーデンスイートの前がライトアップされていてとてもロマンチック。

みゆうは興奮したせいか、なかなか寝ないで、結局11時頃まで起きていました。
でも朝も、6時頃起きてパパとみゆうは一風呂。

朝も、充実したメニューで、もちろんおなかいっぱい食べてから、
また温泉&プールに入って帰ってきました。

帰りは、みゆうは案の定、車に乗ったらすぐに寝ちゃったよ。


サンバレー那須は、那須高原の広大な森の中に10タイプの施設があって、
それぞれの施設によって、部屋の感じも違うし、今度は違うところにも泊まってみたいな。

みゆうは「またお金ためてサンバレー那須に泊まろうね!」って張り切っています。(苦笑)

気を引き締めて、またお金貯めなくちゃ!今度はどこに泊まろうかな?

2004/11/01 記

公式HPはこちら

1回目のサンバレー那須の様子はこちらからどうぞ

3回目のサンバレー那須の様子はこちらからどうぞ

4回目のサンバレー那須の様子はこちらからどうぞ

5回目のサンバレー那須の様子はこちらからどうぞ










SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO